ガス機器&ショールーム 食!クッキングスペース「G-pal」 料金に関するご案内 ガスのご利用にあたって 困ったときは? 会社概要

 ホーム > 料金に関するご案内 > 料金表と料金計算方法

料金について

料金表と料金計算方法

ガス料金単価表(一般料金)

(単位:円)
料金
区分
ガス
ご使用量
(m3)
(1)基本料金 (2)調整単位料金※(1m3あたりの単価)
2021年4月検針分 2021年5月検針分
税抜 税込 税抜 税込 税抜 税込
A 0~20 727  799.70  208.07  228.8770  212.19  233.4090 
B 21~143 1,110  1,221.00  188.92  207.8120  193.04  212.3440 
C 144以上 3,851  4,236.10  169.75  186.7250  173.87  191.2570 
2021年5月検針分の単位料金は、前期(2021年4月検針分)より4円12銭(税抜)値上げとなります。
調整単位料金についてはこちらをご覧ください。 原料費調整制度
託送料金相当額についてはこちらをご覧ください。 託送料金相当額について

平均的なご家庭の月額料金

平均使用量
(m3
2021年4月検針分
(円・税込)
2021年5月検針分
(円・税込)
21 5,584 5,679


平均原料価格

  対象月 4月検針分 5月検針分 基準平均
原料価格
  原料価格適用期間 2020年11月
~2021年1月
2020年12月
~2021年2月
  LNG平均価格(円/トン) 40,070  44,960  42,650 
  LPG平均価格(円/トン) 50,740  55,910  46,490 
  平均原料価格(LNG換算) 40,120  45,020  42,680 


「早収料金」と「遅収料金」

「早収料金」とは検針日の翌日から20日以内にお支払いいただく場合に適用する料金です。
「遅収料金」は早収期間(検針日の翌日から20日間)を経過してからお支払いいただく場合に適用となり、当月早収料金の3%の金額を翌月の早収料金に加算してお支払いいただく料金です。(加算は翌月1回限りです。)

早収料金・遅収料金イメージ図

【例】 検針日が10日だった場合は30日が早収期限日となります。
(30日が休日でない場合)


ガス料金の計算方法

(1)早収料金

 基本料金+(調整単位料金×使用量) (1円未満切り捨て) 

・・・(a)
 消費税=(a)の金額×0.1 (1円未満切り捨て) ・・・(b)
 早収料金=(a)+(b)


(注釈)

 調整単位料金※=基準単位料金±調整額
 ※調整単位料金についてはこちらをご覧ください。 原料費調整制度
 調整額・・・原料費の変動による調整金額で、毎月変わります。


(2)遅収料金

 (a)の金額×0.03 (1円未満切り捨て)

・・・(c)
 消費税=(c)の金額×0.1 (1円未満切り捨て) ・・・(d)
 遅収料金=(c)+(d) ・・・(e)
 翌月の早収料金に(e)の金額が加算されて請求されます。






トップページへ戻ります ページの先頭へ戻ります







料金に関するご案内
料金メニュー
料金について
メーター検針
料金表と料金計算方法
原料費調整制度
料金計算ツール
料金のお支払い
各種約款
託送収支計算書


採用情報

都市ガスをお使いになりませんか?

さかてんでんき販売開始!

さかてんリフォーム

ガス衣類乾燥機

工事業者の方へのお願い

プロパンガスについて

ひまわり日記

酒天・チャレンジ



ガスメーターの復帰方法

ガスを安全に安心してお使いいただくために

受けて安心!「都市ガスの定期点検」

業務用換気警報器をシンプルに解説

全国親子クッキングコンテスト



酒田天然ガス株式会社のトップページへ戻ります ご意見・ご要望はこちらから 個人情報の取り扱いについて